クリニックについて 診療について アクセス

クリニックについて
クリニックコンセプト
医師紹介
院内設備
連携医療機関
診療領域
診療領域
耳鼻咽喉科
皮膚科
アレルギー科
アンチエイジング科
禁煙治療
よくあるご質問
アクセス
交通機関
予約・お問い合せ




 
1995年 関西医科大学卒業、関西医科大学付属病院耳鼻咽喉科入局
2001年 関西医科大学大学院研究科博士課程修得
2007年 関西医科大学医学部助教
2008年 関西医科大学付属男山病院講師
2009年 ザ・北浜タワー 耳鼻咽喉科皮膚科クリニック開設
2012年 医療法人 華風会 設立
医療法人 華風会
ザ・北浜タワー 耳鼻咽喉科皮膚科クリニック開設
日本耳鼻咽喉科学会:専門医
日本抗加齢医学会:専門医


元々ヒトに備わっている免疫力の向上は病気を治すだけでなく、病気の予防にも非常に重要です。アンチエイジングとは見た目の抗老化だけでなく、個々の免疫力、すなわち体の中が錆びないようにメンテナンスすることだと考えます。耳鼻咽喉科と全く無関係のように思われがちです。しかし、免疫力賦活、抗炎症作用は様々な病的状態の改善、予防に重要であると考え、当クリニックでは取り入れています。


 


 
1955年 神戸市生まれ
1980年 関西医科大学卒業 関西医科大学耳鼻咽喉科研修医
1986年 関西医科大学耳鼻咽喉科助手
1987-1988年 Wake Forest大学耳鼻咽喉科留学
1988-1990年 Harvard大学耳鼻咽喉科留学
1991-2000年 関西医科大学耳鼻咽喉科講師
2000-2001年 関西医科大学耳鼻咽喉科助教授
2001-2008年 関西医科大学助教授、付属男山病院部長
2008-2008年  関西医科大学付属男山病院病院教授


耳鼻咽喉科学会:専門医、大阪地方部会運営委員
アレルギー学会:指導医、代議員、専門医制度委員
気管食道科学会:認定医、評議員 
Pennsylvania 大学 Facial Implant Research Center advisory board member
アジア外鼻形成学会評議員
 


耳鼻科医になり29年になります。その間、留学中を含め、めまいと鼻の臨床に関わり、成功も失敗も多くの経験をつんできましたが、その全ては患者様から学んだことであり、我々はそれを目の前の患者様を治すことで恩返しする義務があります。確かに、テクノロジーの進歩に支えられ、私どもの知識や技術も進歩し、1990年から始めた内視鏡下鼻内手術は3500例の臨床経験を持っています。レーザーや内視鏡、立体マスクなど最新のテクノロジーを取り入れた機器や手術を開発し、外鼻形成など新しい分野の治療も行ってきました。また口腔や咽頭でも高齢者の問題に多くの経験があります。これらの領域では病気だけでなく、解剖や生理など身体や感覚のしくみそのものに深い理解があります。
しかし、最も重要で経験と知識を要するのは、検査でわからない患者様のうったえを正しく理解し診断することです。高齢者が痰と訴える症状の多くはつばです。痰という訴えを疑わず去痰薬を出しても解決しません。鼻づまりだと言う訴えに鼻を広くする手術を行いさらに悪化することもあります。鼻づまりは複雑な感覚で、鼻が広すぎても鼻づまりを感じます。当クリニックはいわゆるサージセンターではありません。手術以外にも多くの選択肢があります。「知らない、わかっていない、治らない」、「何もしない方がよい」という結果になることもありますが、費用対効果を含め可能な限り御説明します。これまで受けられた診断や治療にご不満がある方、ネット上では個々のご相談に答えることはできませんが、当クリニックを通じてご予約いただければ、東京・ソウル・その他でもご相談に応じることができます。



 
  サイトマップ ホームページへ