クリニックについて 診療について アクセス

クリニックについて
クリニックコンセプト
医師紹介
院内設備
連携医療機関
診療領域
診療領域
耳鼻咽喉科
皮膚科
アレルギー科
アンチエイジング科
禁煙治療
よくあるご質問
アクセス
交通機関
予約・お問い合せ





アスピリン喘息とはアスピリンや消炎鎮痛薬(NSAID)、日本酒の防腐剤、人工着色料など特定の化学物質で、時に命にかかわる喘息発作をおこす喘息です。重症喘息の10%以上がこの発作を起こします。喘息の患者さんも一度でもこの発作を起こせば自分でも注意しますが、初回発作のときは患者さんも周囲も対応できず深刻な事態もおこります。特に抜歯や発熱で医療機関でNSAIDをもらって帰宅後に服用して発作をおこす場合が危険です。このアスピリン喘息は、好酸球性鼻ポリープと慢性副鼻腔炎を合併することが知られています。これはまさに好酸球性副鼻腔炎に合併する気管支喘息とオーバーラップします。
従って好酸球性副鼻腔炎の術後のNSAID投与は慎重に行っています。アスピリン喘息の最初の症状は嗅覚障害のことが多く、ついで喘息、そしてアスピリン発作、その後鼻ポリープによる鼻づまりをうったえる場合が多いようです。しかし、耳鼻科でよく鼻内を観察してみると、最初の症状の嗅覚障害は小さな好酸球性鼻ポリープのためで、このポリープが大きくなるにつれて様々な喘息症状がおこりますが、鼻の症状はポリープで充満し、鼻閉を感じるまで訴えません。最近の研究ではアスピリン喘息患者さんの喘息はこの鼻ポリープ内の好酸球が作るロイコトルエンという喘息をおこす物質の増加が背景にあるのではないかと考えられ、アスピリン発作はこのように大量のロイコトルエン産生状態にあるところに、アスピリンなどのNSAIDを服用すると、まず炎症に伴う発熱や疼痛の原因物質であるプロスタグランディンの産生を押さえられ、ついでプロスタグランディンの原料になるアラキドン酸という物質がロイコトルエンに変わり、大量のロイコトルエンが放出され喘息発作がおこると考えられています。つまり、アスピリン喘息は鼻が原因の喘息であり、鼻ポリープの除去が有効な治療となる喘息といえます。



 
  サイトマップ ホームページへ