クリニックについて 診療について アクセス

クリニックについて
クリニックコンセプト
医師紹介
院内設備
連携医療機関
診療領域
診療領域
耳鼻咽喉科
皮膚科
アレルギー科
アンチエイジング科
禁煙治療
よくあるご質問
アクセス
交通機関
予約・お問い合せ





アレルギー性鼻炎に伴う鼻汁の80%は遠心性副交感神経である後鼻神経に支配されている鼻腺の分泌液で、20%は血管から染み出してくる血清成分です。高齢者に多く鼻汁が主症状で左右差のある血管運動性鼻炎では鼻汁の100%が腺分泌液です。

従って鼻汁を止めるためには、後鼻神経の働きを抑える必要があります。これには
1)抗ヒスタミン薬で求心神経をブロックする
2)抗コリン薬か抗コリン作用の強い抗ヒスタミン薬で後鼻神経をブロックする
3)ボトックスで後鼻神経を働きを押さえる
4)鼻内内視鏡手術で後鼻神経を切断する
5)後鼻神経よりも脳に近いところでヴィディアン神経切断をする
などの治療があります。一日にティッシュペーパーを一箱使われる方もよくいらっしゃいますが、薬物の効果が乏しい鼻汁のコントロールは専門的な治療です。




 
  サイトマップ ホームページへ