クリニックについて 診療について アクセス

クリニックについて
クリニックコンセプト
医師紹介
院内設備
連携医療機関
診療領域
診療領域
耳鼻咽喉科
皮膚科
アレルギー科
アンチエイジング科
禁煙治療
よくあるご質問
アクセス
交通機関
予約・お問い合せ





手術ではアレルギー体質は治すことはできませんが、鼻づまり、鼻汁、くしゃみなどの鼻症状を効果的に長期間にわたりコントロールできる費用対効果の高い治療といえます。特に、定期的な通院や毎日の服薬、室内や寝具の清掃などの生活環境の改善などが、時間的経済的にできない、したくない、効果のない方には検討されるべき治療です。当クリニックでは様々な鼻の手術を全身麻酔下日帰り手術として行っています。我々が開発した手術方法や手術機器も多く、国内外から見学に来られる専門医も多いのですが、手術の方法や機器はすでに知られていることでもあり、最も印象に残るのは、手術の細部にいたる丁寧さ、麻酔法や止血法の工夫による肉体的時間的経済的負担への配慮、外鼻形成術による外鼻中隔矯正術、手術以外の治療を含めた選択肢の多さだと言われます。局所麻酔下で手術している施設もありますが、我慢強い方は別ですが、局所麻酔では抜歯どころでない痛みや手術中の不快感や恐怖がありますし、それに伴う血圧上昇や過換気発作、頻回に血液をはき出す必要があります。さらに、我々のような手術の丁寧さや繊細さは望めませんし、除痛や血液の吸引に要する時間が減るため手術時間も結果的には全身麻酔の方が短くなります。




従来入院して行われていたこのような全身麻酔下手術が日帰りで安全に行えるようになった最大の理由は、気管内に管を入れないラリンジアルマスクの開発とプロボフォールやレミフェンタニル(アルチバ)による完全静脈麻酔という麻酔法の進歩です。そもそも鼻など狭い範囲の手術では手術そのものの侵襲よりも気管に管をいれる挿管に伴う侵襲が大きくそのため筋弛緩薬や深い麻酔が必要でした。挿入された管は手術中には分泌を増やし気管壁を傷めます。手術終了時には覚醒してから管を抜くため苦しく、術後ものどの痛みや痰、痛みで水分や食事がとれないなどの入院管理が必要でした。気管の入り口の喉頭にマスクをかぶせるラリンジアルマスク法は挿管そのものと挿管に必要な筋弛緩薬を不必要にすることができ、日帰り手術の範囲が広がりました。麻酔薬も基本的にはフェンタネストかアルチバ(ラリンジアルマスクは大きく、のどに入れると吐きそうになる咽頭反射が出やすいのですが、アルチバはこの反射を抑えます)とプロボフォールだけで行え、麻酔そのものが単純になりかつ高価な麻酔薬も少なくてすみます。最近は笑気も使いません。これらの静脈麻酔薬は投与後数十秒で麻酔がかかり、投与中止後数分で覚醒します。術後ののどの痛み、筋肉痛や疲労感もありません。そのため、麻酔覚醒後30分で水が飲め、120分で普通に帰宅できます。




 
  サイトマップ ホームページへ